季節の変わり目の咳で気をつけたいこと

四季の移り変わりは私たちの生活の基盤にもなっています

季節の変わり目にはアレルギー性の咳が疑われます。

季節の変わり目で咳が酷くなるのは、アレルギー性の咳が疑われます。 アレルギーの因子は、秋にかけてはダニ(死骸やフンも)、夏はカビ、寒暖差、年中あるのは花粉や黄砂…目に見えないものが多いです。 血液検査で原因アレルギーを調べることができます。 自分でできる対策も考えましょう。

【ダニがいる布団対策】 布団の中身にまでダニはいるので掃除機で吸い込む作業まで必要です。 天気の良い日に布団を干してなお、掃除機でダニ、死骸、フンを吸い込む必要があります。 コインランドリーで布団にも対応した高温の乾燥機も効果的です。 布団の丸洗いを業者に頼むことも方法ですが、お金がかかるので掃除機が経済的です。 ダニの餌となるのは人間のフケ・垢、カビなのでそれらを減少させることでアレルギーに効果を現すでしょう。 ダニは高温多湿を好むことも頭に入れておきましょう。

【カビアレルギーによる病気とカビ対策】 カビといっても人に害を与える、与えないカビがあります。 害を与え、カビによるアレルギーで起こすのは、喘息、アトピー、アレルギー性鼻炎です。 アスペルギルスというカビを吸い込むと起きると言われるアレルギー性気管支肺アスペルギルス症。 咳、微熱、喘息、痰が症状として出ます。まれに呼吸不全になる場合もあり、呼吸器科の専門医でないと気付かない場合も。 トリコスポロンというカビでは、夏型過敏性肺炎を起こします。 咳、発熱、倦怠感など起こし、梅雨以降の高温多湿の時期に起きやすくなります。慢性化すると呼吸ができなくなることも。 いずれにしも重症化する前に病院にかかりましょう。

カビはダニも好みますので、ダニ対策のためにもカビ対策も必要です。 室内を適温一定に保ち、水蒸気を発する器具の使用を避け、観葉植物を置かないこと、部屋干しをしない、換気をすることなどカビを発生させにくい環境を作ります。

【花粉、黄砂】 4月から6月にかけてはシラカバや、稲の花粉が原因で咳を起こします。 よく知られていますが、マスクをするのは効果的です。 毎日使い捨てマスクを使うかマスクをこまめに洗って使いましょう。