季節の変わり目におこる体調不良

四季の移り変わりは私たちの生活の基盤にもなっています

生活習慣を見直し体調を整える

季節の変わり目による体調不良でよく起こる症状は人それぞれですが、よく挙げられるのは

  • 頭痛
  • 風邪
  • 肌荒れ(吹き出物、しっしん等)
  • 腹痛
  • 落ち込み
  • 倦怠感
  • 眠気
自律神経の乱れが疑われます。(=自律神経失調症) 原因はこれも人それぞれですが、ストレス、生活習慣、環境変化、性格や体質、内分泌の問題があって起こります。 季節の変わり目に顕著に起こる場合は季節の変わり目に敏感なのでしょう。

対処と予防法について、生活習慣を整えることが挙げられます。

  • 適切な運動をする
  • 食事を規則的に摂る
  • 睡眠を十分にとる
  • 休憩を適度にとる
  • 規則正しい睡眠
  • 気温に対処した服装
  • 気温が一定になるように調節(エアコン)
普段と体調が違うと感じられたら普段の活動を控えてゆっくり過ごす事も良いことです。

対処→食事を考えます。

  • 体の熱を冷ます夏野菜に注意(じゃがいも、ナス、きゅうり、レタスなど)
  • 胃腸が弱ってる時期(夏の終わりなど)は常温や暖かい飲み物を飲む
  • 火の通った暖かい食べ物を摂る
  • 胃腸への負担が大きい乳製品、糖類は体を冷やすので避け、ご飯やたんぱく質(卵、豆腐など)穀物類を摂る

正しい睡眠とは?

  • 睡眠時間が短い人ほど体調を崩しやすい。
  • 季節の変わり目だけ早寝早起きを心掛けてもいい(人による)
  • 適切な睡眠時間の長さは人それぞれなので調べてみる
 →起きる時間を変えずに睡眠時間を30分ずつ変化させて、日中眠気がなかったらそれがその人に適した睡眠時間

秋の季節の変わり目による体調不良の原因には、夏疲れ、つまり、夏の暑さで体が弱る、冷房で体が冷える、髪や肌などが乾燥するのと同じように内臓も水分不足となります。 それから体調不良が招かれます。

春の季節の変わり目による体調不良の原因には、新しい環境や、気温の変化、花粉などがあります。症状は秋の季節の変わり目と同じようですが、原因は様々です。

季節の変わり目の体調不良、人それぞれ原因や症状が違いますが、もし体調が悪いと感じたら季節の変わり目を疑ってみてください。