季節の変わり目の肌荒れで気をつけたいこと

四季の移り変わりは私たちの生活の基盤にもなっています

気温差が引き起こす肌荒れ

季節の変わり目の肌荒れを起こす原因は気温差です。春から初夏では、より汗がでるようになり皮脂の分泌もより増えます。夏から秋また、冬にかけては、乾燥しやすい外気に対して皮膚から水分が逃げないように準備しています。

一番肌荒れが起こる危険性があるのは、3月〜4月だと言えるそうです。また気温差以外の原因としては、疲れが肌に出ることとも考えられます。 目に見えないストレスが蓄積され、肌荒れや体調不良を起こしてしまうということもあります。ですから、季節の変わり目に刺激は、禁物です。

肌が突然敏感になったときの対処法は、基礎化粧品を敏感肌もしくは肌荒れ対策用のものに早めに変えることがお薦めです。

季節の変わり目は肌が敏感に傾きやすい時期です。基礎化粧品はいつも同じものでなくていいので季節の変わり目に使い切って、肌が元気になれば元に戻せばいいのです。

しかし、いっぺんに切り替えると肌もびっくりしてしまいますし、切り替えが原因のトラブルがでた場合に、どのアイテムかがわかるようにいつも使う順番と逆から1品ずつ替えていきましょう。替える間隔は1週間程度を目安にして下さい。  そしていつも以上に細かくお肌の状態をチェックしながら、臨機応変にケアしていきましょう。  メイクも肌への負担となるので、普段よりも薄めがよいようです。

スキンケアだけでなく食べ物からも肌荒れは改善できます。  たんぱく質・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンBをバランスよく摂取するのが効果的です。  肌荒れに効果のある食べ物はグリーンアスパラ、さやいんげん、さやえんどう、オクラ,かぶ、かぼちゃ、からし菜小松菜、サラダ菜、春菊、高菜、大根、たらの芽、トマト、にら、人参、野沢菜ブロッコリー、ほうれんそう、などです。  水分も多めに採り、水をしっかり飲むことで身体の循環系の働きが良くなり、新陳代謝が活発化します。

先ほども挙げましたが、肌荒れの原因には、ストレスも大きく関係していますので 季節の変わり目には、ヨガやアロマセラピーなど気持ちいいと思うことを積極的に取り入れる事も効果があります。いろいろ試して、それでも肌荒れをしてしまったら、気にしすぎないことも大切です。