季節の変わり目で手の皮がむけたら

四季の移り変わりは私たちの生活の基盤にもなっています

保湿をしっかりと行い普段よりも丁寧なケアを

季節の変わり目には体調を崩しやすくなります。なぜかと言うと、気温や温度の変化に身体がついていかず皮膚も影響を受けやすくなってしまうので普段よりもケアに気をつかってあげる事が必要です。

今ですと夏場は、湿度が高くこれからは、冬に向けて乾燥注意報がでるようになってきます。夏は、確かに暑いのでおのずと蒸発量は、多くなり、冬季の蒸発量は少なくなります。ですので、夏の調子で、手を洗った後、保湿せずにタオルで拭いたままにしておくと、あかぎれたり、がさついた手になってしまう事があります。

季節が変わる頃だけ皮膚がむけてしまう方は、手の角質層を守るために外気による乾燥を防ぐ事も必要です。 効果があるように思われることは、何でもやってみるべきだとは思いますが、それでも改善が見られずどんどんひどくなっていく場合には、早めに皮膚科に行ってみることが、症状をこじらすことにならず良いのではないでしょうか。

女性の場合は、体調の変化などで皮膚が弱くなり(ホルモンバランスの変調が影響しているとも言われています)日頃使っている洗剤でも湿疹が出てしまったり皮膚がめくれてしまう事もあるようです。洗剤に含まれている界面活性剤は、表皮の油分を取り去り、皮膚の乾燥を著しくします。 アレルギー症状ではない乾燥なら市販のハンドクリームでも良いので、乾燥を防ぐようにされてはいかがでしょうか。

季節の変わり目は、着る物もかわりますし、夏場にエアコンを使う事も多いので、外と中の温度差が大きく体温を調節する為の自律神経のコントロールも上手くいかなくなってしまいがちです。

結果として、末端部であり、よく使う指先や手の平の上皮がめくれてしまう事もあるので、特別に科学薬品を素手で使用したわけでもなく、思い当たる節のない季節の変わり目の手の症状は、清潔にしてその後、保湿することが大切です。

それでも改善しないときは、近くの皮膚科を探して、受診することが、一番の早道です。